カートを見る マイページ ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS

りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち5

よい習慣が身につく絵本
明橋大二(監修) 太田知子(著)

りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち5

価格:

1,080円 (税込)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

内容説明

あいさつ、笑顔、思いやり
よい習慣が楽しく学べるシリーズ第5巻

小学1年生のりんごちゃんと、森の動物たちがくり広げる物語から、笑顔や思いやりの大切さを自然と学ぶことができます。

「笑顔っていいな」「親切は相手がとても喜んでくれることなんだな」と感じたら、自分で読める子も、読み聞かせをしてもらった子も、「やってみたい」「やってみよう」という気持ちが芽生えてくるに違いありません。
監修の明橋大二先生、作画の太田知子さんは、470万部を突破している「子育てハッピーアドバイス」シリーズのゴールデンコンビ。
入園・入学の準備に、お祝いに、ぴったりの絵本です。

おはなし
あかるいえがおで こころぽかぽか
  つかれもいかりも けしちゃうまほう

おはなし
こまっている人がいたら たすけてあげよう

おはなし
人をせめたら けんかになっちゃう
  じぶんのこうどうを ふりかえってみよう

おはなし
おかあさんがしかるのは
  あなたがとっても たいせつだから

おはなし
ライバルは すてきななかま
  いっしょにがんばろう!

4コマまんが
花さくえがおは みんながもっている たからもの

(あそぼう)どっちがいい?

(めいろであそぼう)えがおのはらっぱ/しんせつの森

はじめに

シリーズ450万部突破の育児書『子育てハッピーアドバイス』の著者、明橋大二先生から、推薦の言葉

先日、患者さんから1通の手紙をもらいました。その中には、日頃のお礼とともに、「先生の笑顔が大好きです!」と書いてありました。
「ありがたいな」と思う一方で、逆に、今までどれだけ患者さんに笑顔で語りかけていただろうか、と考えたのです。

診察して、病気を診断して、薬を出す。それも医者の大切な仕事です。でもそれ以上に、笑顔が、どれだけ患者さんに希望を与え、勇気づけるのか、改めて教えられた出来事でした。

家族同士、友達同士も同じだと思います。
「呼べば呼ぶ 呼ばねば呼ばぬ 山彦ぞ まず笑顔せよ みな笑顔する」
という言葉があります。
山に登って、「山彦来ないかなー」と待っていても、山彦はやってきません。
「ヤッホー」と大きな声で呼びかけると、初めて向こうから、「ヤッホー」と返ってくるのです。

笑顔もそうです。
こちらから笑顔で語りかけると、向こうからまた笑顔が返ってきます。
そうすると、こちらも幸せな気持ちになります。

それを見て、また相手も幸せな気持ちになります。
笑顔の持つ力は素晴らしいですね。
そんなことを、おはなし1で、ミケちゃんは教えてくれています。
『りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち』は、大人も教えられることがいっぱい。
さて今回は、どんなお話が出てくるでしょう。
『りんごちゃん』5巻の始まりです。

ページトップへ